Majolog

魔女のブログ Twitter::Sayonaky

ホグワーツ組分け大解剖(1) 帽子さん、どうやって組分けてるの!?

こんにちは。私はさよ、グリフィンドールの157年生です。趣味は石油の掘削、特技は新入生の組分けです。
世は空前の石油ラッシュ。そこで寝そべって画面を見ているキミ。勇気とチャレンジ精神にあふれるキミは、今こそグリフィンドール寮に入って一緒に油田を開発しよう!

……さて。今日からはいよいよ、みんな大好き組分けの儀式についてお話ししていこうと思います。
めっちゃめちゃ長くなることが予想されるので、この記事では前ふりだけ。次回から各寮について掘り下げていこうと思います。

血統・性格≒能力・意思

とりあえず、新入生の組分けはどうやってなされるのか、おさらいしましょう。
ホグワーツができた当初、4人の創設者は、好みの生徒をめいめい選んで組み分けたといいます。しかし、ゴドリック・グリフィンドールの帽子に、4人がそれぞれ魔法をかけて以降、開心術を使える不思議な「組分け帽子」が、新入生の7年間を決める儀式を担うことになりました。

グリフィンドール勇気と騎士道精神
ハッフルパフ勤勉さと正直さ
レイブンクロー知識欲と機知
そして、スリザリン血統と狡猾さを、それぞれ重視します。

とはいえ、これだけではちょっとぼんやりしてますよね。
さらにみていくと、組分け帽子は新入生の頭にひそむ三つの要素それぞれを評価して、入る寮を決めていることがわかります。それが、「1.血統 2.性格/能力 3.意思」です。本編にはこの基準は直接登場しないので、わかりにくいかもしれません。

ひとまず、組み分けに関するエピソードがあるキャラクターを中心に、いくつか例を挙げてみましょう。

1.血統

・ドラコ・マルフォイ(スリザリン)
ロン・ウィーズリー(グリフィンドール)
・ヴォルデモート(スリザリン)

まずは血統です。身も蓋もありません。先天的な要素で、本人にはどうすることもできません。とりわけスリザリンは、寮生を選ぶ基準のひとつに「純血家系であること」をおいているため、比較的(1)の率が高いことが推測されます。
とはいえ、スリザリン以外でも「特定の寮に行きやすい家系」というのは存在するようです(就学前の教育や環境が、本人に影響している可能性も十分考えられますが)。その代表例は、ほかならぬウィーズリー家でしょう。
ただし、同じ家族でも別の寮に行く場合(双子のパチル姉妹など)もままあるため、謎の多い要素ではあります。
ちなみに……イギリスは今もなお、階級意識が非常に深く根を下ろしている国です。異なる階級同士は「違う世界」で生きているものとされ、交流はほとんどありません。ところが、ホグワーツはイギリス唯一の魔法学校です。貴族も労働者も「イギリスに住む魔法使いは全員」同じ学び舎に放り込まれて、7年間を過ごします。そうなると当然、上の階級からは「なぜ労働者と一緒にされねばいかんのだ」という不満が生じることが想定されます。
まさしくそうした考えを持っている、ルシウス・マルフォイの学校へ対する態度をみる限り、スリザリン寮は(もちろんサラザールの好みもありますが)どうも実質的に「Upper-Class(貴族階級)を他の階級から選別し、不満を解消する受け皿」として機能していた部分があるようにみえます。魔法族はマイノリティですから、「純血主義」をモットーに掲げるって、実は「上流階級のアイデンティティを維持する」以外のメリットがないんですよね……。

日本人の感覚からするとちょっと想像しがたいですが、そのあたりの事情は非常におもしろいです。

 

2.性格/能力

ミネルバ・マクゴナガル(グリフィンドール)
・ネビル・ロングボトム(グリフィンドール)

おそらく一番多いパターン。だいたいの生徒が、先天的な性格・もしくは後天的に身につく(であろう)能力のどちらかを見込まれて、いずれかの寮に振り分けられます。例に挙げたのは、ほかの寮と迷われた末に、伸びしろの大きい性格/能力をみこまれて、今の寮に落ち着いたパターンのふたりです。
特にネビルは象徴的な存在です。もともとハッフルパフに入ることを望んでいましたが、組み分け帽子は最初から、彼をグリフィンドールに入れることを決めていました。次に登場するハリー・ポッターとは、まったく逆のパターンで、ふたりは同じ寮に入ったのです。

 

3.意思

ハリー・ポッター(グリフィンドール)
シリウス・ブラック(グリフィンドール)
ハーマイオニー・グレンジャー(グリフィンドール)

1の血統、2の性格のどちらか(あるいは両方)に本人が強い抵抗を示した場合、その意思を汲んで別の寮に組分けられることがあります。もちろん帽子は、その「抵抗の意思」自体を「面白い資質」のひとつだとみているはずなので、(2)の範疇にふくめてもいいでしょう。

しかしこの「意思」はけっこう厄介なしろもので、単純な性格診断ではなかなか観測できません。そしてこの組分け時の「意思」と「性格/能力」の差異こそが、実は「ハリー・ポッター」と「ネビル・ロングボトム」のキャラクター設定に大きくかかわっていますので、今回はあえて別のパラメータとしてセットしました。

血統(階級)・性格(能力)・意思。このすべての要素を見つめなければいけないので、組み分けというのは案外大変な作業です。
以前制作したHOGLOGYで診断できるのは、(2)の「現在の性格」という、ごく一部の要素から抽出した結果のみですから、やっぱり完全に正確とはかぎりません。

HOGLOGY-組分け×性格診断-

本当のところは帽子のみぞ知る、です。
組み分け、めちゃめちゃ奥深い……。

次の記事からはいよいよ、各寮の性質を順を追ってみていきたいと思います。あの子と同じ寮になりたいあなたは要チェック!